一般歯科・お子様の治療について

一般歯科(虫歯治療)について

一般歯科(虫歯治療)について

虫歯が進行してしまうと、歯を削らなければ治療できません。また、重度の虫歯は抜歯しなければならないこともあります。しかし、削ってしまうと歯の寿命は縮みますし、抜いた歯は元には戻りません。

おおね歯科クリニックでは、患者様の症状や口腔内の状態に合わせて適切な治療を行い、健全な歯質や神経をできるだけ残すことを心がけています。そうすることで、治療終了後に歯が抜けてしまうといったリスクも抑えることができます。

虫歯の進行と治療

虫歯はC0からC4までの5段階に分類されており、段階によって治療法も異なります。

C0(初期段階の虫歯)

C0(初期段階の虫歯) 歯の表面のエナメル質がわずかに溶け、歯の表面が白っぽく見えます。痛みはありません。丁寧なブラッシングやフッ素塗布で完治します。

C1(エナメル質の虫歯)

C1(エナメル質の虫歯) 歯の表面(エナメル質)が溶けて黒ずんできます。まだ痛みはありません。虫歯になった箇所を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2(象牙質の虫歯)

C2(象牙質の虫歯) エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行し、穴があいて冷たいものや甘いものがしみるようになります。虫歯になった箇所を削ってレジンを詰めます。

C3(神経の虫歯)

C3(神経の虫歯) 象牙質の内側にある歯の神経まで虫歯が進行し、なにもしなくても痛む状態です。歯の神経を除去して、神経の入っていた管(根管)をきれいにして薬を詰め、被せものをします。

C4(歯根の虫歯)

C4(歯根の虫歯) 歯冠部がなくなってしまい、歯根の周囲に炎症が起こります。抜歯し、入れ歯やインプラントなどで補います。

小児歯科について

小児歯科について

乳歯は成長の過程で永久歯に生え替わります。だからといって乳歯の虫歯を放置してしまうと、永久歯の歯並びや体の発育にまで影響してしまいます。お子様の将来的な健康まで考えるなら、早いうちからの虫歯治療や予防が大切です。

当クリニックでは、基本的に乳歯を抜かない方針で治療(乳歯の役割)を行っています。エントランス・受付・待合室なども、お子様が入りやすい雰囲気を心がけていますので、お気軽にご来院ください。

乳歯の役割

乳歯の役割

以前、乳歯は生えかわる歯として「乳歯だから抜きましょう」と言われていたことが2010年現在30~40歳代の方に多いのではないのでしょうか?

乳歯は永久歯の種を外部の刺激から守り、正しい位置・正しい方向へと導きだす役割があります。そのため簡単に抜いてしまうと、萌出してきた永久歯がおかしな形や方向に生えてしまい、歯並びが狂い、不正な歯並びに合わせてゆがんだ骨格の成長をしてしまうという悪循環が生まれてしまいます。乳歯は抜かないこと!が大切なのです。
昔は永久歯が生えそろってから抜歯をして行う矯正が主流でしたから今は6歳~不正が見つかれば早く治療をしておきましょう。
正しい咬み合わせはお子様の運動能力や勉強の集中力に影響を与えます。

当クリニックの取り組み

矯正歯科(咬合誘導)

矯正歯科(咬合誘導)

歯並びの悪さをそのままにしてしまうと、噛み合わせによる脳への刺激が少なくなって発達に悪影響を及ぼすことがあります。また、乱れた歯並びは将来的に偏頭痛や肥満を引き起こすこともあるのです。

当院では、乳歯から永久歯に生え替わる成長期の噛み合わせを正しい位置に誘導する矯正歯科治療を行っています。無理に歯の移動や抜歯などはせず、ゆっくりと正しい歯並びに整えます。できるだけ早い時期に治療を行うことで歯並びが整い、将来的に永久歯に生え替わってからの矯正が必要なくなることもあります。

フッ素塗布とシーラント

フッ素塗布 フッ素には、歯質を強化して虫歯を防ぐ効果があります。乳歯や生え替わったばかりの永久歯には特に有効です。
シーラント

シーラント

生え替わったばかりの永久歯は、奥歯の溝が複雑な形状をしているため、食べかすなどによって虫歯になりやすいものです。その溝を歯科用プラスチックで埋める「シーラント」で、食べかすなどの侵入を防いで虫歯を予防します。